インデックスファンドとは

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、インデックスと同じ値動きをするように設計された投資商品、指数連動型の投資信託のことです。インデックスファンドのインデックスとは指数「市場平均指数」のことを、ファンドとは「投資信託」のことを表しています。インデックスファンドは、まず初めに対象のインデックスを決めて、その決めたインデックスの動きが、ファンドの基準価額の運用成果と連動することを目指します。インデックスファンドにはいくつかの指数があります。例をあげると日経平均株価、東証株価指数などの日本株式。ダウ平均、S&P500などの外国株式などがあります。またこのような資産ごとのインデックス以外にも地域別、国別、通貨別と色々な切り口があります。もし、東証株価指数をベンチマークとしているとすると、東証株価指数の構成銘柄すべて、または代表的な銘柄群を、東証株価指数と同じ構成比率で保有することによって、連動を図っていきます。そしてインデックスファンドでは、対象を知るということがとても大切になってきます。対象は株式なのか、それとも不動産なのか、そして地域はどこなのか、というように自分がどのような指数に連動する投資成果を得ることを目指すのかを十分に理解しなくてはいけません。このほかにも、指数に連動するための運用方法も知っておくといいでしょう。また、インデックスファンドの指数に連動していない場合は、何が原因に考えられるのかをしっかり考えなくてはいけません。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

copyright © インデックスファンドとは All Rights Reserved.